電子書籍を発行しました

フリーランスの観点から、既存のWEBサービスでこんなにも父母会・PTA業務が簡素化できること、
また父母会・PTAに関して新しい仕組の提言をさせていただきました。
Kindle Unlimitedをご利用頂いている方は無料でお読み頂けます。

きっかけは菊池桃子議員の「PTAは任意」

 

この本のはじめににも書いたのですが、この本を書こうと思ったきっかけが
菊池桃子議員の「PTA活動はもともと任意活動なのに、すべての者が参加するような雰囲気作りがされている」という発言。

「菊池桃子氏がPTA活動について問題提起 ワーキングマザーに代わって… 1億総活躍国民会議」
http://www.sankei.com/politics/news/160325/plt1603250039-n1.html

正直、「PTAは任意」という発言がとても無責任に聞こえたんです。
だって、現状父母会、PTAはほとんどの人が好きでやっているわけでなく、ほぼ仕方なくという状況。
でもほとんどの人がそのような状況で活動するも責任もって勤めてくれている人達ですよ。

私だって、正直やらなくていいならやりたくない。しかもほとんどの学校・保育園の決まりは「子供一人当たりにつき1回」
私は小学校と保育園にお世話になっているので、ほぼ毎年、父母会かPTA役員をやっているわけです。

その現場にいて思うのが、みんな最初はハズレくじをひいてしまたと思いつつも、責任もって一所懸命に勤め
1年後バトンタッチしています。
もし今更「任意です」なんて行ったら、みんなやりませんよ。次の担い手いがいなくなってしまいます。

「任意だ」って言う前にもっと体制とか仕組みを見直すことに重点をおいたほうがいいんじゃないかって思って
書き始めたのがきっかけでした。

内部から変えていくのは困難、外部の強制力か、じわじわと数年かけていくか

 

と、書きつつも特にPTAを内部から変えるのは非常に困難だと思うのです。
保育園の父母会はその点、業務内容もライトで保護者とフランクにコミニュケーションを取ろうと思えば、結構許される空気がありました
現在末っ子の保育園父母会長をやってますが、全て保護者の連絡はGMAILに変更させてもらい、アンケートやイベントの出欠もGOOGLEフォームを利用しています。
役員同士の連絡はLINEグループで。
小学校のPTA業務と比べもんにならないぐらいラクですよ。

私はPTAを長女が1年生の時、「学級代表」係として経験しました。
部長にも係にもならなかったので、業務は簡単なものでしたが専門部長クラスになると、色々出席しなければならない会議が多くて大変そう・・・
しかもPTA副会長をやっている友人も最初は「変えたい!」と思っても実際は自分の任期中に到底変えられるものではない現実を知り、
今ではあまり元気がありません。。。。

 

元小学校教師と対談して感じた過度な平等主義

 

なんでこんなに改革がやりにくいかっていうと、1年2年で一人が入れ替わってしまうこと、全ての保護者に平等でなくてはならないことが、足を引っ張てるんですよね。
稚書の中で元小学校教師と対談を載せていますが、「過度の平等」が絶対教育もおかしくしていると。
全ては文句をいう保護者がいるからそうなってしまっていると思うんですが、要は保護者が変わらなと現場は変えられないんですよね・・・・

そんな葛藤を色々感じて書いた稚書「サジ子の父母会・PTAをIT化(無料)で新しい仕組み」をぜひご覧ください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です