はじめまして

Natural Hintsです。

現在、42歳。夫と10歳の長女、7歳の次女、5歳の長男、の5人かぞくです。
基本在宅で仕事をしています。

大学を卒業してから…
【旅行業が薄利で過酷すぎた件】

大学卒業後、新入社員でJAL系の旅行会社に入社しました。
単純に「面白そう」と思って入社した旅行会社でしたが、そこは、過酷な仕事でした。


最も衝撃だったのは「え?こんだけ頑張って売り上げたった5000円?」という

薄利なビジネスであること。
お金を稼ぐとはこんなに大変なことなのか!

さらに鳥インフルエンザ、9.11の同時多発テロなどで、徹夜の払い戻し業務を何度も経験しました。


旅行業というのは薄利で、とりわけ外部要因にさらされやすい、というのを身を以て経験しました。

25歳でオーストラリアに現実逃避した


その後3年で会社を辞め、貯めたお金でオーストラリアにワーキングホリデーに行きました。

「海外ではたらくってどんな感じ?」というのを経験してみたかったからです。


幸い勤めていた旅行会社の親切な上司が、私にオーストラリアでの仕事を紹介してくれたので仕事には困らず、楽しく10ヶ月を過ごしました。

そして仕事に困ったらまた先輩が仕事を紹介してくれた

「日本に戻ったら仕事どうしよう。」と思っていたのですが、
また幸いなことに、オーストラリアで知り合った仕事先の先輩がイギリス資本の外貨両替の会社を紹介してくれて、これまた働き口を見つけることができました。


そこでの仕事は最初の3年ぐらいは新規店舗オープンやセールスやマーケティング等のお仕事など、何でもやりました。
それはそれは楽しくて刺激的な日々でした。


給料はさほど高くはなかったのですが、
何でもやらせてもらえたのが本当にいい経験となりました。

結婚→仕事と育児の両立が辛い→独立

そして29歳ぐらいにその会社の近くのスタバで会った今の旦那と勢いだけのスピード結婚をして、子供が生まれたわけです。


そして子育てしながら仕事をする、というのがこんなに体力的にも精神的にもしんどいのか!という問題に直面しました。


3人目を妊娠した時点で、この生活の継続は無理だと痛感し、
「もう独立するしかない」と覚悟を決めます。

ぜんぜん稼げなかった独立当初

最初はインターネットでビジネスしたいと思い色々失敗を繰り返したり、
(高額な情報商材を買いまくった。これは今も主人に言えない…)


「通販はどうか?」とサジージュース(サジーって知ってます…?)の販売や、風呂敷の販売(今も継続中)挑戦してみたりしました。

しかしどれもあまりうまくいきません。
月収2万円ぐらいの日々が続きました。

ベンチャー企業の社長秘書から広がったおしごと

これでは生活がままならないので、小さなベンチャー企業で
在宅社長秘書を始めたのですが、
在宅での仕事がそこから軌道に乗り始めました。

その社長さんとの関係を通して社長さんのクライアントさんから
直接お仕事をいただく事になったり、

また、WEBマーケティングで憧れていたある会社に
業務委託として入り込むことができたので、
そこで色々学ばせていただきながら仕事をしています。